スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛ギターを作ってみる

今回エッチングしていくは、けいおん!!の唯です。
画像はhixさんのブログからお借りしました、ありがとうございますm(_ _)m
http://ameblo.jp/particlex/
hixさんのブログにも、2値化された画像が載っているので、興味がある方は要チェックです。

さて、痛ギターと言いましても、今回はピックガードです(汗)
「唯=レスポール」って事で、レスポール用ピックガードにエッチングしていきます。
使用するのはこちら。

0099.jpg

そして、レスポール。
島村楽器のHISTORY製です。

0100.jpg

さて、今回のエッチング面、結構狭いです。
なのでオーディルフィルムの50μを使います。
所有してるマスクの中では一番細かい線が出せますが、深くは彫れません。
元々、サンドブラストはプラスチック系を深く彫る事が出来ないので、特に問題はないですね。

このフィルムは現像液で溶かすタイプなので現像液を作ります。
簡単に言うと写真みたいなものです。

0101.jpg

右が現像液です。
この液体につけて置くと、マスクになります。
左側は中和剤(酢を薄めたもの)です。
現像液がアルカリ性なので、酸性で中和してあげるらしいです。

0102.jpg

マスクを貼り付けて、養生するとこんな感じになります。
これをサンドブラストにかけて行きます。
さっきもチラッと言いましたが、サンドブラストではプラスチックを深く彫る事は出来ません。
理由としては、中途半端な硬さなので、プラスチックのやわらかい部分が砂を弾いてしまうからだそうです。
深く彫れないと、見えにくくなるので、今回はラッカーを使った着色をしましょう。

0103.jpg

ブラストから出しても、やはり彫ってあるのかどうか見えにくいですね。
マスクをつけたまま赤で着色します。
なんとなく唯は赤のイメージなので。
薄く塗ってはドライヤーで乾かす作業の繰り返しで、色を濃くして行きます。
そうしないとマスクをはがす時に、一緒にラッカーも剥がれてしまうので・・・。
まぁ、こんなもんでしょうか?

0104.jpg

着色が済んだらマスクを慎重に剥がします。
飾るだけならここまでで完成でいいかと思いますが、ピックガードというくらいだから、演奏中にピックがガシガシあたる訳です。
激しい演奏だと、ラッカーが剥がれてしまうので、上からクリアのラッカーを吹き付けて保護したいと思います。

0105.jpg

ちょっと凸凹が気になったので、紙やすりで上から削って、コンパウンドで艶出ししました。
ギターに取り付ければ完成です。

0106.jpg

0107.jpg

後ろが汚くてごめんなさい(汗)
結構綺麗に出来て、個人的には満足しています。






けいおん★液晶保護プリントガードSENSAI3.2(けいおん01平沢唯 )けいおん★液晶保護プリントガードSENSAI3.2(けいおん01平沢唯 )
()
株式会社 ハセプロ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうも、管理人です。

コメントありがとうございます。
メールにてお返事させて頂きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

了解しました

再送信させて頂きました

No title

親切に本当にありがとうございます!

No title

いえいえ、参考になったのならよかったです^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。