スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクリル板を光らせてみた(その2)

前回はLEDを使って光らせましたが、今回は違う方法でやってみたいと思います。
今回は、ブラックライトを使用します。
カラオケルームとかによくある、ブラックライトで光る塗料を塗るだけなのですが、ここで問題が発生します。

アクリルは、殆ど(もしかしたら全部?)がUVカットになってます。
前回のように、アクリルの中からブラックライトを通しても、塗料は反応してくれません。
そこで、このような方法を採る事にしました。

0038.jpg

裏面から彫刻をして、裏からブラックライトを当てるという方法。
まぁ、そのままですね(笑)
この方法で光らせてカッコイイデザイン。
真っ先に思いついたのはこれでした。

0039.jpg

このデザインはこれを作るためにあると言っても過言じゃない!←
早速、アニメのOPからキャプチャしたものをトレース。

0040.jpg

ひたすら図形描いてウェルドの繰り返しでした(特にドラム)

今回は裏面から彫るのでデザインも左右反転してマスクを製版します。

0041.jpg

ドラムとキーボードの白い部分は後から足すので切り取ります。

0042.jpg

この時点で、キーボードのパネル部分も剥がさないと駄目なのに、うっかり忘れてました。
後の修正が結構面倒だったのはここだけの内緒。

ブラストが終わるとこうなります。

0043.jpg

さて、ここからが大変です。
部屋を暗くしてブラックライトを当てながら着色をしていくのは結構辛い作業。
使う塗料はこちら。

0044.jpg

ブラックライトを当てると蓋についてる塗料が光ります。
こんな色に光りますよーっていう目安ですね。
これを薄め液で薄めて、エアブラシで着色していく訳です。

0045.jpg

エアブラシを使った事ある人は分かると思いますが、かなり面倒な作業ですよね。
まぁ、仕方のない事なんですが。
まずは養生して、青から行きます。
左右反転して彫刻してあるので間違えないように。
左にあった左利きベースが右側にきて右利きになって・・・。

0046.jpg

これが青の塗料です。

0047.jpg

RPGに出てくる魔法の薬みたいですが、飲まないようにしましょう(笑)
ここからの作業は、塗って、乾かして、養生しなおして、色を変えて、また塗っての繰り返しです。
臭いもキツイので、この寒い中換気扇は全開です。
最後に、HTTの部分を含めた白の部分を塗って行きます。

白を最後に塗る理由としては、通常の塗料と違って発光するという点です。
通常の塗料は、混ぜるとどんどん暗い色になって、最後は黒になりますが、この塗料は白くなります。
光の3原色と同じ原理ですね。

キーボードとドラムの白部分を印刷し、カッティングシートに両面テープで貼り付け、アートカッターを使ってカッティングシートのマスクを作ります。

0048.jpg

このカッティングシートは粘着力がそんなに強くないので、塗料の上から貼っても剥がれないでしょう。
貼り終えて養生するとこんな感じになります。

0049.jpg

白を塗り終えたら作業終了です。
散らかった作業スペースを片付けながら乾燥+換気。

余った塗料たちです。

0050.jpg

魔法を研究している気分(笑)

さて、完成品はこちらです。

0051.jpg

まぁ、普通に見たら白なんですけどね。
部屋を暗くしてブラックライトを当ててみると・・・

0052.jpg

一応、比較用に元絵です。

0039.jpg

結構雰囲気は出てる方かと思います。
もっと暗い場所だとこうなります。

0053.jpg

いい感じですね。
クラブとかにあったらお洒落な感じじゃないですかね?
という事で、今日のエッチングはここまでです。






けいおん!  平沢 唯 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)けいおん! 平沢 唯 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
(2010/04/24)
アルター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!!
ジャンル : アニメ・コミック

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。